MENU

興信所と探偵はココが違う!

探偵,興信所,違い,浮気調査

興信所と探偵には、現在明確な違いはありません。
法律上の違いもなく、探偵業法の定義上は探偵も興信所も「探偵業」とされ、同法の適用を受けます。

 

また、以前なら探偵社は個人が個人を調べる調査(浮気調査や行方調査、犯罪調査など)を行い、興信所は会社が会社や個人を調べる経済関係調査(企業・個人の信用調査、雇用調査、市場調査)を行うのが中心でした。

 

しかし、現在では探偵と興信所の仕事内容の違いはなくなってきています。興信所も浮気調査を行いますし、探偵も信用調査をします。興信所で働く調査員のことを「探偵」とも呼びます。

 

法律上も調査内容も違いはありませんが、調査方法と金額には差があるようです。
興信所の調査方法は調査対象者に直接接触します。
その際、身分も明かすため、調査に限界はあるようですが、金銭的に安価で済む傾向があります。

 

一方、探偵社は対象者に一切身分を明かさず、時間をかけてじっくり調査をします。その分、料金が高額になる傾向があるようです。
ただ、浮気調査や素行調査などは、興信所も対象者の浮気現場の証拠収集のために尾行や撮影を行うので、身分を明かすことはないようです。