自分で浮気調査 問題点

MENU

自分で浮気調査の問題点&落とし穴

探偵や興信所には依頼せず、自分で浮気調査をしようとする人が中にはいます。うまくいったという人もいるでしょうが、しかし問題点も多いのです。
まず、探偵などと違って一般の人は調査の素人ですから、証拠を集めようと思ってもなかなか出てきません。また情報が集まったとしても、自分では浮気の証拠だと思った物が、裁判ではまったく役に立たないなんてこともあるのです。浮気の証拠になるかならないかという見極め自体が、素人には難しいと言えるでしょう。
また、調査をしているということがパートナーにばれてしまったら、浮気の証拠をつかまれないようにしようと、以前よりずっと慎重に浮気をするようになりますから、証拠を集めるのが一気に難しくなるのです。
自分で行う浮気調査の方法として、パートナーの車にGPSを装着するという方法があります。休日出勤をしたパートナーが本当に会社に向かったのかということが、GPSのおかげでわかるというわけです。
しかし、これで確実な証拠を手に入れることができるかというと、また違うのです。明らかに会社以外のところにいたとしても、浮気相手と会っていた証拠にはなりません。中には、GPSの示す場所に自ら出向く人もいるでしょう。その場所が浮気相手の自宅やホテルだったとしても、現場に張り込んで証拠写真を撮ろうとしたところで、素人では慌ててしまい、うまく写真を撮ることができないものなのです。
パートナーに浮気の事実を認めさせたい、離婚のために証拠が欲しいという場合は、自分で調査をせずに、プロに依頼した方が良いのです。

浮気調査の証拠と認められるもの・認められないもの

自分で浮気調査,問題点

配偶者に浮気をされると凄くショックを受けますが、同時に裏切りに対する怒りを覚えますよね。

 

多くの人が相手の浮気の証拠を抑えようとしますが、どういったものなら浮気の証拠として認められるのか気になりませんか?
離婚や裁判のためにも浮気調査で有効な証拠は抑えておきたいですよね。

 

そこで今回は浮気調査の証拠と認められるもの、また認められないものについてご紹介します。

 

浮気調査の証拠として認められるものに、浮気をしている現場を抑えた写真というものがあります。
浮気相手とホテルに入っていく姿や、ベッドで二人並んで寝ている姿などを抑えられれば非常に有効な証拠として提出することができます。

 

また音声でも相手との会話や、本人の浮気を認める証言なども有効な証拠として認められます。

 

ただ発見しやすく、一番簡単に証拠として抑えられる浮気のメールは浮気調査の証拠としては認められないことが多いんです。
これは冗談のつもりで相手に送った、遊びのようなものだ、と言い逃れができてしまうからです。

 

浮気調査を独自でする場合は抑える証拠に気をつけてくださいね。