MENU

夫の浮気に復讐するなら・・・

夫が浮気をしているとわかったら、復讐してやりたいなんて考える女性もいると思います。もし相手女性の家の住所がわかっているなら、夫がいるときに乗り込んでやろう、なんてことを思いついたりする人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ちょっと待ってください。夫が浮気はばれていないと思っている場合、相手の家に乗り込むといったことはやめた方が良いのです。基本的に、女性から見たらばればれの浮気であっても、男性はうまくごまかせていると思っているものなのです。

 

そして、そのうち妻の元にきちんと戻ろうと考えている人も多いです。そんなときに妻が相手女性の家に乗り込んで来たりしたら、夫の気持ちが変わってしまうかもしれません。浮気相手をまもってあげようという気持ちが働いてしまう場合があるからです。なので、夫との関係修復を望む場合、これは復讐方法としてはふさわしくないでしょう。

 

探偵に浮気調査を依頼して、きちんと証拠を夫に突きつけるというのも、復讐のひとつにはなるでしょう。そして、次に浮気をしたら離婚をすると約束をしたり、慰謝料としていくら払うかということを約束させるのも良いかもしれませんね。これは口約束ではなく、きちんと書面で契約を交わしましょう。

 

始めから離婚を考えている場合は、探偵に専門の弁護士の紹介してもらい、離婚について話を進めていくと良いでしょう。言い逃れができない浮気の証拠が集まれば、ただ離婚するだけでなく慰謝料を夫に払ってもらうこともできますし、お子さんがいて妻が引き取るなら、養育費も払ってもらえることでしょう。

夫の浮気に復讐しますか?記事一覧

夫が浮気をした場合、いったいどれくらい慰謝料をもらうことができるのかと気になりますよね。慰謝料の相場というのは、その人の収入、浮気の期間によって大きく変わってくるのではないかと多くの人が思っているかもしれませんが、実は平均して300万円前後となっています。これは特に決まりがあるわけではないのですが、相手の収入や貯蓄などの関係から、100万〜300万円ほどで話がまとまることが多いというわけなのです。...

夫が浮気をしていたら、夫の浮気相手に慰謝料を請求したいと考えるのは妻として普通でしょう。弁護士や司法書士に依頼して、まずは浮気相手に内容証明を送りましょう。そうすることで、浮気相手に罪の意識を持ってもらうきっかけになるのです。浮気相手に慰謝料を請求することはできるのですが、もし相手の女性が夫が既婚者であると知らなかった場合、慰謝料を払う義務は生じません。また、不倫相手の収入がとても低ければ、せっか...

夫の浮気相手を訴えることを考えたときに、注意することがいくつかあります。まず、浮気相手が夫のことを独身だと思っていた場合は、慰謝料の請求ができないのです。夫が自分は独身だと相手に嘘をついていれば、それは相手も夫に騙されていたことになるからです。また、確実に二人が浮気をしたという証拠もないと、訴えたところで意味がありません。夫と浮気相手が仲良く写っている写真やプリクラがあったとしても、それだけでは「...