MENU

夫の浮気相手にも慰謝料を請求するには?

夫が浮気をしていたら、夫の浮気相手に慰謝料を請求したいと考えるのは妻として普通でしょう。弁護士や司法書士に依頼して、まずは浮気相手に内容証明を送りましょう。そうすることで、浮気相手に罪の意識を持ってもらうきっかけになるのです。
浮気相手に慰謝料を請求することはできるのですが、もし相手の女性が夫が既婚者であると知らなかった場合、慰謝料を払う義務は生じません。また、不倫相手の収入がとても低ければ、せっかく慰謝料を請求しても大した金額を受けとることはできませんので、苦労するだけで見返りがないかもしれません。
一般的に、離婚に至った場合の浮気相手に請求できる慰謝料の相場というのは、300万円程度。もしこの金額が不満であれば異議申し立てをすることもできますが、相手に経済力がなければ裁判に発展することになります。裁判を続けてまで本当に慰謝料が欲しいのかどうか、じっくりと考えることも大切ですね。
ところで、もし夫が風俗店に通っている場合の慰謝料はどうなるのか、気になりますよね。たとえ風俗であろうとも、これは不貞行為であることには変わりありませんから、妻が夫に慰謝料を請求することはできます。しかし、風俗嬢相手には請求できないでしょう。なぜなら、風俗嬢は仕事で夫の相手をしたに過ぎないからです。
ただし、夫と風俗嬢がお店の外で会って関係を持っている場合は、話が変わってきます。お店の外での関係は、仕事ではないからです。その場合は風俗嬢に慰謝料を請求することができます。

浮気相手にも慰謝料を請求するには?関連ページ

慰謝料相場
浮気相手を訴える