MENU

夫の浮気相手を訴える方法と注意点

夫の浮気相手を訴えることを考えたときに、注意することがいくつかあります。
まず、浮気相手が夫のことを独身だと思っていた場合は、慰謝料の請求ができないのです。夫が自分は独身だと相手に嘘をついていれば、それは相手も夫に騙されていたことになるからです。
また、確実に二人が浮気をしたという証拠もないと、訴えたところで意味がありません。夫と浮気相手が仲良く写っている写真やプリクラがあったとしても、それだけでは「ただの友達」で片づけられてしまいますから、証拠はたくさんあった方が良いのです。
なるべく穏便に済ませたいので、妻自ら浮気相手に慰謝料を請求する旨を伝えるという方法もありますが、直接顔を合わせたくないというなら内容証明を送るという手があります。内容証明の内容に嘘があったりすると慰謝料の請求ができなくなってしまうこともあるので、きちんと法律家に作成してもらい、また差出人の名前も法律家にしておくことで、相手に対してプレッシャーを与えることができるでしょう。
しかし、これを相手が拒否する場合もあります。そんなとき、お金を払ってくれないと会社や親に浮気のことをばらすと浮気相手に言ってしまうと、こちらが脅迫したことになってしまい、逆に訴えられてしまう恐れが出てきますので、絶対にやめましょう。
慰謝料を払う意思を相手が見せないので裁判を行うことになったとしても、時間とお金がかかってしまい、相手からは満足できる金額をもらえないというケースが多いですから、そこまでして慰謝料をもらいたいかどうかということも、一度考えてみると良いでしょう。

浮気相手を訴える方法と注意点関連ページ

慰謝料相場
浮気相手にも慰謝料を請求